包茎の治療法ってどうやるの?

包茎にも種類があります

日本人に多いといわれている包茎。男性なら、誰もが気にするデリケートな事です。包茎にも種類があり、皮を完全に被った真性包茎、正常時は皮は被ってるが勃起すると亀頭が出る仮性包茎、正常時は皮がむけるが、勃起すると痛くて亀頭が締め付けられるカントン包茎の三つがあります。
この包茎の種類で手術内容は異なります。ですが、どの手術にも共通していることは、痛みがなく、日帰りで手術できるため、仕事帰りでも可能です。そして、術後は温泉にも行けますし、衛生面でもよくなるため、様々な病気のリスクから解消されます。そして、女性に対して自信が無かった人も、自信をもつことができます。では、その気になる包茎手術。一体どのように行われているのでしょうか。

気になる包茎手術の内容とは

まずは手術を行う際、三段階の麻酔をします。一段階は表面麻酔、二段階は浸潤麻酔、三段階はブロック麻酔としっかり麻酔をかけます。
次に手術を行いますが、正常時の状態で切ると、勃起をしたときに不自然な突っ張りを感じます。そういった事をなくすため、あらかじめパソコンを使い、入念に患者さんとシミュレーションをしたうえで表皮の切除を行います。手術時間は平均で30分から60分です。医療用の吸収糸を用いるため、抜糸をするために通う必要はありません。術後も傷が目立たないため、温泉に行った時に手術したことはばれにくいです。また、アフターケアがしっかりした病院を探しますと、もし術後異変があっても24時間対応してくれますので、術後をする際はネットで口コミを参考にして探すのがオススメです。

© Copyright Know Things U Want. All Rights Reserved.