包茎治療って痛くないの?

包茎の治療方法はどのように行うのか

包茎治療の方法は包茎の種類にもよりますが、大抵の場合は同じような方法で行われます。まず余っている部分の包皮を切除して亀頭周辺の皮膚と縫合する方法や、余った包皮を埋没させる方法があります。どちらを選択するのかは患者さん側が決められますから、自分の包茎のタイプに会った方法を選ぶことが一番です。
手術の際には痕が残らないように自然な仕上がりで治療をしてくれる場所もあります。包茎手術は一部の病的な症例を除いては自由診療となり、治療費の全額を支払う必要がありますが、クリニックによっては学割などの各種学割制度を設けている場合もありますから、これから包茎手術をされる方で費用面について気になることがあればクリニックに相談しましょう。

包茎手術の際に痛みはないのか

包茎手術の際に痛みがあるのかどうかわからないので、躊躇されている方も珍しくありません。
包茎手術というのは必ず麻酔を用いて手術をしますから、術中に痛みが生じることは絶対にありません。また術後の痛みも最小限にするために、配慮した手術方法が行われますから、術後に激しく痛むこともありません。万が一痛みが出ている場合には、痛み止めなどの処方もしてくれますから、手術後のアフターケアについては万全です。現在ではなるべく患者さんに負担をかけないような包茎治療をしているクリニックが増えていますから、極端に痛みを恐れている場合には、評判のよい場所に行って名医に包茎手術をしてもらいましょう。包茎手術はほとんどの場合で痛みがありません。

包茎治療とは、悩む男性にとって力強い存在と言え、行うことによって清潔感が保てるようになり、感染症を防ぐことにもなります。

© Copyright Know Things U Want. All Rights Reserved.