包茎ですがやっぱり手術って必要?

包茎の人のデメリットとは

日本人に多い包茎。相談したくても、デリケートな部分なので、誰にも相談出来ずそのままという人は多いと思います。
しかし、この包茎は様々な病気や感染症の原因にもなります。まず包茎は常に亀頭が皮で覆われているため、ジメジメしているので、不衛生になってしまいます。スポーツをしている人でも、汗をかくので丸1日そのままですと、とても臭いがします。普通の人でも、亀頭の周りは皮脂や体の垢、尿や精子のごみが周りに付着しているため、感染症にかかりやすくなってしまいます。
また最近ネットが普及しているため、包茎を知らない女の子が包茎の事を調べ、包茎はいけないという中途半端な知識だけを頭にインプットするので、避けられる場合があります。

痛くない手術で簡単に治せます

デメリットばかり話しましたが大丈夫です。現在の包茎手術は、術後の痛みがほとんどなく、手術時間は平均で30分前後とスピーディーです。一人一人のオーダーにあった手術で、ベテランの先生はネットで簡単に調べられます。通院の必要がなく傷跡も目立たないため、手術をしたことが他人にばれないため、銭湯にだって自信をもって行く事ができます。
そして、医療スタッフは男性がほとんどなので、悩みを打ち明けやすく、治療費や診察方法などを細かく説明を受けることができます。今まで女性に対して自信が全く無かった、汚れが溜まりやすくて臭いが気になる、将来介護されるときに恥ずかしい。こんな負の感情からさようなら。悩みを解決して自信をもって生活できるようになります。

性器を覆う包皮の後退が出来ない真性包茎は汚れが溜まるだけではなく、包皮で尿道が圧迫されることで排尿や射精に不具合が生じることがあります。また、包皮が炎症を引き起こしやすいのも弊害の一つです。

© Copyright Know Things U Want. All Rights Reserved.